生理前症候群ナビ - 自分に合う対策法とは?TOP > 基礎知識 > 症状について

症状について

 

生理前症候群っていうのは、生理が始まる予定日の10日ぐらい前から、身体や精神に不調をきたすものです。

 

私もひどい症状を経験したけど、主な症状というのは、身体的症状と精神的症状の2つに分けられるんだそうです。

身体的な症状で多いのは、頭痛や肩こり、吐き気やめまいといったもので、こういった症状は他の疾患の症状に似ているので、生理前症候群かどうか判断するのが難しいそうです。

 

中には、動悸や息切れ、火照りや冷や汗が出たりする人もいて、こういうのは更年期障害の症状にも似てますよね。

 

比較的生理と結び付けやすい症状については、胸が張ったり、腰や下腹部が痛くなったり、下痢や便秘をするといった症状でしょうか。

 

精神的な症状については、訳もなく落ち込んで憂鬱になったり、落ち着きをなくす、いらいらする、引きこもってしまうといった症状がありますね。

 

仕事や勉強のやる気がなくなったり、常に疲れを感じたり、集中力や判断力が低下するという症状もあったりするみたいです。

 

もちろん、人それぞれ生理前症候群の症状は違うものだし、どれかひとつが出るという訳じゃなく、いろんな症状が重複する人もいるようですね。

 

だから、生理前症候群の症状に対する効果的な治療方法というのは、はっきりしたものがないというのが現状なんだと思います。

 

ただし、基本的な原因はホルモンバランスの乱れによるものが多いそうなので、ストレスを溜めないようにしたり、症状が出てもあまり気にしないようにするのが大事になりますね。

 

基礎知識記事一覧

生理前症候群とは?

あなたは、毎月くる生理の前に起こる不快な症状について何か知っていますか?私の場合、出産をしてから一年後くらいに生理が来たんですが、その時は生理になる前にひどい頭痛や吐き気、...

原因について

あなたは、生理前症候群に悩まされていませんか?私が初めて生理前症候群の症状を体験した時は、頭痛と吐き気が起こった上にすべてに対して悲観的になったりしたので、何か重い病気にか...

セルフチェック!

生理前症候群の症状というのは、なんと150種類以上もあるそうです。ですが、その多くは頭痛やめまい、イライラすること、すべてにやる気をなくすなど、生理とはあまり関係のない症状...

症状について

生理前症候群っていうのは、生理が始まる予定日の10日ぐらい前から、身体や精神に不調をきたすものです。私もひどい症状を経験したけど、主な症状というのは、身体的症状と精神的症状...